• HOME
  • 尼崎の相続税理士が教える!「相続税対策の贈与は計画的に!」

尼崎の相続税理士が教える!「相続税対策の贈与は計画的に!」

こんにちは、相続税理士の香川晋平です。
相続税を節税するために、生前贈与を活用されている方が多くいらっしゃいます。
しかし、実は贈与税は、相続税より高い税率にされています。
ですので、一時的に思い切った贈与をしてしまい、かえって税金が高くついてしまったというケースも多くみられます。
相続税の負担を軽減するために、贈与を行う場合に重要なポイントは、長期的かつ計画的に行っていくことです。

香川晋平
 
贈与税の計算方法と相続税の計算方法には違いがあるのですが、大きなポイントは、贈与税の年110万円の基礎控除(非課税)は、毎年使えるという点です。
 
贈与において押さえておきたいポイントは、次のような点です。
 
①長期間かけて贈与していく
一度に多額の財産を贈与すると贈与税が高いので、長期間かけて移転していきます。
 
②分散して贈与する
一人よりも二人、二人より三人に贈与していけば、より多額の財産を移転していくことができます。
 
③相続税の負担率より低い贈与税の負担率の範囲で贈与する
相続税の負担率を計算して、それより低い範囲で贈与していきます。
 
④評価が上がりそうな財産を贈与する
評価の上昇が見込まれる財産があれば、それから先に贈与していきます。
 
このように、相続税対策として生前贈与を活用される場合は、計画的に行う必要がありますので、検討したいという方は、専門家にご相談されることをオススメします。
もちろん、私どもでも相続税対策の贈与について、しっかりアドバイスさせて頂きます。
尼崎、西宮、伊丹、宝塚、大阪市西淀川区などの阪神間で相続にお困りの方は、お気軽にご相談下さいませ。




あんしんガイド

 

 

相続手続き・相続税申告に関する基本的な知識をまとめました


 

フッター画像

無料相談のご案内

料金表

事務所概要

スタッフ紹介

お客様の声

 

お気軽にご相談ください ご相談のご予約 平日10:00~18:00 03-6408-2791