• HOME
  • 尼崎の相続税理士が教える!「生命保険の生前贈与による相続対策」

尼崎の相続税理士が教える!「生命保険の生前贈与による相続対策」

こんにちは、相続税理士の香川晋平です。
相続税の節税をするために、生前贈与を積極的に活用されている方も多いかと思います。
一般的に多いのは、贈与税の非課税枠である110万円の活用でしょうか。
年間110万円のお金を10年間贈与すれば1,100万円ものお金を無税で渡すことができますし、被相続人の相続税も減らすことができるので、メリットがあります。

香川晋平
しかし、贈与でもらったお金を、ただ銀行に預けておくのではなく、次のような生命保険に加入すると、さらにメリットが出てくる場合があります。
 
契約者・死亡保険金受取人=相続人
被保険者=被相続人
 
こうすると、相続人が受け取る死亡保険金は、相続税の対象にはならず、保険金受取人の所得税の対象になります。
この所得は「一時所得」となり、保険金受取人の所得の金額にもよりますが、一般的には、相続税の税率より低くなるケースが多く、節税にもつながり、かつ、相続人の納税資金としても使えるということで、ダブルのメリットを享受することができます。
 
このように、相続対策として生命保険の生前贈与を活用されているケースがありますので、検討したいという方は、専門家にご相談されることをオススメします。
もちろん、私どもでも生命保険を活用した相続対策について、しっかりアドバイスさせて頂きます。
尼崎、西宮、伊丹、宝塚、大阪市西淀川区などの阪神間で相続にお困りの方は、お気軽にご相談下さいませ。




あんしんガイド

 

 

相続手続き・相続税申告に関する基本的な知識をまとめました


 

フッター画像

無料相談のご案内

料金表

事務所概要

スタッフ紹介

お客様の声

 

お気軽にご相談ください ご相談のご予約 平日10:00~18:00 03-6408-2791